対象:4・・6歳児クラス

観察から体験へと、子どもたちの活動を広げる年長・年中児向けの総合絵本

定価 440円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック3 表紙

9月号のつかい方

表紙の絵から

今月は三輪車を組み立てています。どの部品がどの部分になるのか予想して、裏表紙で確認しましょう。裏表紙では家でおじいちゃんとおばあちゃんがお月見の準備をして待っています。行事のコーナーと連動させてもよいですね。

どきどきしぜん

よるは にぎやか あきの むし

ねらい

鳴く虫の特徴や生態について観察します。秋になると鳴き声をよく聞く身近な虫に興味をもち、自然への関心を高めるきっかけにします。

秋の夜、耳を澄ますとたくさんの虫が鳴いています。虫の鳴き声をまねしたり、知っている秋の虫について問いかけたりして、会話を広げてからページをめくってみましょう。

2~3 ページの鳴き声と照らし合わせて、どんな虫が鳴いていたのか写真で確認してみましょう。虫によって棲む場所が違うので、棲息場所を参考に、実際に虫を探してみてもよいですね。

どうやって音を出しているか、翅の模様や形に注目しながら音が出るしくみを観察しましょう。身のまわりにある物をこすり合わせてどんな音が出るか試してみてもよいですね。

おしごとみせて

おまわりさん

ねらい

みんなの安全を守ってくれる交番のおまわりさん。見張りのほかにも、さまざまな仕事をしていることに注目しましょう。

つかい方のヒント

交番で見守ったり、パトロールに出かけたり、事件があれば駆けつけたりと、みんなのために街を守ってくれていることがわかります。付録の帽子や手帳をつかって、まねをしてみるとおまわりさんの仕事についてより実感できそうですね。

みんなのきもち

うまくいかなくても

ねらい

大勢の人が関わる状況で、うまくできないときはどうしたらよいか考えてみましょう。

つかい方のヒント

自分は一生懸命がんばっていても、うまくいかないこともあります。そんなときはどうすればよいか、誌面を見ながら考えてみましょう。友だちの気持ちに寄り添って関わることで、子ども同士の絆も深まりそうですね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2019年度 ● キンダーブック3 ● バックナンバー

このページのトップへ