対象:4・・6歳児

観察から体験へと、子どもたちの活動を広げる年長・年中児向けの総合絵本

定価 440円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック3 表紙

8月号のつかい方

表紙の絵から

夏の夜空に打ち上がる花火と、こんがり焼けたとうもろこし! いまにも香ばしいにおいがしてきそうですね。今回の食べ物調査隊はとうもろこしの不思議について調査しました。とうもろこしの特徴を知り、ほかの野菜にはどんな不思議があるのか興味をもつきっかけになるとよいですね。

しぜん

おおきな さかなに まけないぞ!

ねらい

海の中で暮らしている魚たちの生態を知り、生き物への興味、関心を高めましょう。

ハリセンボンを知っているか聞いたり、どんな魚かをみんなで話し合ったりしましょう。また、ハリセンボンを見たことがある子どもがいたら、どこで見たのか聞いてみてもよいですね。

ハリセンボンやチンアナゴのように、からだの特徴や環境を活かして身を守っている生き物がいることを知らせましょう。登場した生き物以外にも、身を守るために工夫をしている生き物を知っていたら、みんなの前で発表してみましょう。

魚たちがなぜ群れになって泳ぐのか考え、1 匹で泳ぐときよりも、たくさんで泳ぐほうが敵に狙われにくくなることを伝えましょう。ほかにも群れで生活する生き物がいるか調べてみてもよいですね。

しゃかい

やさいのうかさん

ねらい

おいしい野菜を作るために、どのように野菜を育てているのか知りましょう。

つかい方のヒント

お客さんにおいしい野菜を届けるために、野菜一つひとつをていねいに育てていることを伝えましょう。身近に農家さんがいれば、どのようにして野菜を育てているのか話を聞いてみてもよいですね。

おはなし

おおきな すいか

ねらい

ひとつの物をみんなで分け合うことの喜びを感じましょう。

つかい方のヒント

きつねくんはなぜひとりで食べようとしたのか、なぜみんなでいっしょに食べようと思い直したのか話し合ってみましょう。また、きつねくんと同じような経験があるか聞いてみて、そのときにはどうしたのかなど会話を広げてみてもよいですね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2021年度 ● キンダーブック3 ● バックナンバー

このページのトップへ