対象:歳児

遊びながら考え、学び、生きる力を育む年長児向けの総合学習絵本

定価 450円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

がくしゅうおおぞら 表紙

6月号のつかい方

表紙の絵から

6月4日から10日の「歯と口の健康週間」に合わせて、今月の表紙は歯医者さんです。歯医者さんで、虫歯がないかどうかを確かめてもらったお子さんもいるでしょう。どんな物があったか、検査してもらっているときはどんな気持ちだったかなど、表紙から話題がふくらむとよいですね。

かんきょう

みずは どこへ いくの?

ねらい

トイレやお風呂などで流れた水が、その後どうなるのかを知らせます。

家の中のトイレやお風呂で水をどのようにつかっているか、またどれだけつかっているかを話し合ってみてください。その後、排水が下水管に流れていることを伝えましょう。近くのマンホールの場所を確かめにいってもよいですね。

排水は水再生センターで処理され海に流されます。水が浄化されるしくみを、絵を見ながら確かめてみましょう。また、下水道がつかえなくなったらどうなるのかを考え、たいせつにつかうためにできることを話し合ってみてください。

にほんとせかい

トイレ

ねらい

外国のトイレのようすを紹介し、多様な文化への理解を促します。

つかい方のヒント

文化や環境の違いによって、トイレの構造や排泄処理の方法が異なることを伝えましょう。ふだんは話題にしない物だからこそ、多様なスタイルがあることをしっかりと伝え、違いを認め合う異文化理解につなげたいですね。

おはなし

わがさの わかさま

ねらい

和傘をきっかけに、日本の伝統工芸への興味を促します。

つかい方のヒント

さらちゃんが、わかさまといっしょに昔の日本にタイムスリップして、和傘のことをいろいろと教えてもらいます。和傘が紙でできていることや、宣伝につかわれていたことなどから、昔の人の工夫に興味をもちましょう。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2022年度 ● がくしゅうおおぞら ● バックナンバー

このページのトップへ