対象:歳児クラス

遊びながら考え、学び、生きる力を育む年長児向けの総合学習絵本

定価 450円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

がくしゅうおおぞら 表紙

1月号のつかい方

表紙の絵から

お正月をイメージする物がたくさん並んでいます。「どうして茄子?」とお子さんから聞かれることも多いでしょう。「一富士、二鷹、三茄子」は、初夢に出てくると縁起がよいと言われている物です。絵の説明をしながら、お子さんがどんな初夢を見たのかを聞いてみてもよいですね。

みてみよう! かんきょう

もっと しりたい! おしょうがつ

ねらい

お正月のならわしを知りましょう。

お正月飾りは子どもにとってなじみの薄いものかもしれません。地域によって風習の違いもありますが、どうして飾るのか、どんな意味があるのかにふれることもたいせつです。これを機に、その名称や意味などを覚えてみましょう。

1月7日は「七草の節句」とも言われ、昔から七草がゆを食べて無病息災を願うというならわしがあります。「せり、なずな……」と、続けて順に言うと語呂がよく覚えやすいので、みんなで覚えてみましょう。

くふうしよう! しゃかいせいかつ

かいものの しかた

ねらい

買い物のマナーやルールを知りましょう。

つかい方のヒント

今月は買い物のマナーやルールを紹介しています。ほかのお客さんに迷惑をかけないこともたいせつですが、むやみに品物に触らないこともマナーのひとつです。目で選んで本当に買う物だけをかごに入れることは、おとなも守るべきマナーですね。

ちょうせんしよう! ことば

えとの どうぶつ かけっこ

ねらい

形や物のようすを反対ことばで表現してみましょう。

つかい方のヒント

干支の動物を題材に対義語を絵で示しています。お子さんが知っているほかの反対ことばも、発表してみましょう。また「厚い」「暑い」など、同じ音でも複数の意味があることばがあります。その違いにもふれてみましょう。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2020年度 ● がくしゅうおおぞら ● バックナンバー

このページのトップへ