対象:歳児クラス

遊びながら考え、学び、生きる力を育む年長児向けの総合学習絵本

定価 450円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

がくしゅうおおぞら 表紙

7月号のつかい方

表紙の絵から

暑い夏に食べたくなる、おいしそうなアイスクリームの表紙です。右と左を見比べて、どちらのアイスクリームが多いか考えてみましょう。「量が多いのはどっち?」「数が多いのはどっち?」など、2つの視点で比較しましょう。「どっちが食べたい?」と聞いても、盛り上がりそうですね。

みてみよう! かんきょう

いるかが いるよ!

ねらい

いるかの生態や特徴を知り、海の生き物への興味を広げましょう。

いるかが高くジャンプしている迫力のある写真を見てみましょう。「実際にいるかを見たことはあるかな?」「いるかはほかにどんなことができると思う?」などと問いかけ、期待をふくらませてからページをめくるとよいですね。。

いるかの特徴を知らせます。自分たちと同じほ乳類だと伝え、肺呼吸をすることや母乳を飲むなどの共通点を挙げましょう。また、紐やテープなどをいるかの体長に切っておき、お子さんの前で「まだかな? もっと大きいかな?」と少しずつ伸ばすと、大きさが実感できてよいですね。手を繋ぐなどして、何人分の大きさか体感してみても楽しそうです。

ちょうせんしよう! かず

すいぞくかんで かずくらべ

ねらい

数の多少比較に親しみ、算数の基礎を身につけましょう。

つかい方のヒント

水族館にある物で、どちらが多い(少ない)か比較します。「赤いボールのほうが多い」と答えてもよいですが、「赤いボールは3つ、黄色いボールは2つだから、赤が1つ多い」など、具体的に答えられるように促すと、よりわかりやすいですね。

ちょうせんしよう! ことば

おじいちゃんからの てがみ

ねらい

同音異義語に親しみ、日本語のおもしろさにふれましょう。

つかい方のヒント

日本語には同じ音で意味が違うことばがいくつもあります。声に出してみるとイントネーションの違いにも気づけますね。また、柿と牡蠣などほかの同音異義語を探して、一覧表を作ってみると、より理解が深まるでしょう。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2019年度 ● がくしゅうおおぞら ● バックナンバー

このページのトップへ