対象:4・・6歳児クラス

観察から体験へと、子どもたちの活動を広げる年長・年中児向けの総合絵本

定価 440円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック3 表紙

10月号のつかい方

表紙の絵から

今月は、野球ボールを作っています。どんなスポーツでつかうか話した後、おしごとコーナーと連動させてもよいですね。ほかにも紅葉しているようすなどに注目し、季節の変化への関心を高めましょう。

どきどきしぜん

からだは どうして うごくの?

ねらい

からだが動くしくみを観察します。どうやって動くのか、誌面を見て実際にふれたり動いたりして確かめてみましょう。楽しくからだを動かすきっかけになるとよいですね。

走ったり跳んだり、手や足を曲げたりしてからだを動かしてみましょう。自分たちのからだはどんな動きができるのか、いろいろな動きをして確かめてからページをめくると、より関心が高まりそうですね。

からだが動くには骨が必要なことを知らせます。実際に自分の骨を触ってみましょう。からだの中にはたくさんの骨があり、からだのどの部分にどんな骨があるのか誌面を見て観察します。

骨だけでなく筋肉も、からだが動くうえでたいせつな要素です。からだが動くとき骨と筋肉はどうなるのか、それぞれの関係について、しかけをつかいながら知らせましょう。

おしごとみせて

やきゅうせんしゅ

ねらい

野球選手の仕事について紹介します。道具をつかうことや、守備と攻撃どちらの技術も必要なため、いろいろな練習をすることなどを知らせましょう。

つかい方のヒント

試合に勝つために、たくさんの練習をしていることがわかります。道具にはどんな物があるか、つかい方を確認しながら見ていきましょう。ほかのスポーツについて話を広げてみてもよいですね。

かんがえよう!

どうやって たすける?

ねらい

困っている仲間を助ける方法を考えましょう。

つかい方のヒント

友だちと協力したり、まわりにつかえそうな物がないか見つけたりして、助ける方法を考えましょう。ふだんの生活のなかでも困っている友だちがいたら声をかけたり、目を向けたりするきっかけになるとよいですね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2019年度 ● キンダーブック3 ● バックナンバー

このページのトップへ