対象:3・・5歳児

興味や好奇心を引きだし、子どもたちの遊びを広げる年中・年少児向けの総合絵本

定価 440円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック2 表紙

9月号のつかい方

表紙の絵から

俵型のおにぎりだいこをどーん! どんな音がするか想像してみると楽しそうですね。秋は新米の季節です。お月見のすすきも稲になっていることに注目して、お米について話をふくらませてもよいですね。来月はオレンジ色の野菜が見えています。ハロウィンにかかせないあの野菜ですよ。

かんさつ

あきの みのりが いっぱい!

ねらい

秋は実りの季節。さまざまな果物を収穫する擬似体験をして、おいしく食べるきっかけにします。

リンゴがたくさん実っていますね。木の高さに注目したり、花の色や数をかぞえたりするなど、写真を見ながらリンゴが実るまでの過程に興味がもてるように会話をしていきましょう。いくつ実っているかかぞえてみるのも楽しそうです。

果物狩りで収穫するつもりでページをめくりましょう。それぞれの果物で収穫方法が違うことや、実り方にも注目すると興味が高まりそうですね。果物の特徴を知らせ、実際に見たときに観察するきっかけにしてください。果物狩りをしたことがあるか聞いてみると話がふくらみますね。

せいかつ

ゆずってもらったら…

ねらい

友だちと遊ぶためのルールやゆずり合うたいせつさを考えます。

つかい方のヒント

ロボりんに声をかけたまことくんについてどう思うか考えてみましょう。また、ゆずってもらったときと、ゆずったときのロボりんの気持ちを共感できるとよいですね。いっしょに遊ぶときに相手を思いやるたいせつさに気づかせます。

しょくいく

おすしは どこから?

ねらい

食べ物がどこからくるかルーツを知らせ、生産者への感謝の気持ちをもちましょう。

つかい方のヒント

お寿司のネタができるまでの過程を見て、自分たちのもとへくるまでにいろいろな人が関わっていることに気づけるとよいですね。生産者への感謝とともに、食べ物をたいせつにするきっかけにもなります。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2021年度 ● キンダーブック2 ● バックナンバー

このページのトップへ