対象:3・・5歳児クラス

興味や好奇心を引きだし、子どもたちの遊びを広げる年中・年少児向けの総合絵本

定価 440円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック2 表紙

6月号のつかい方

表紙の絵から

雨上がり、あじさいのクッションでのんびりごろん。まんまるあじさいの上で気持ちよさそうです。水たまりに映る空やかえるやかたつむりなど、雨の日に見られる物について問いかけてみましょう。来月はトゲトゲした物が何につながるか想像してみてください!

かんさつ

たいせつな あめ

ねらい

雨が降ると外では遊べないですが、雨のおかげで暮らしが成り立っていることを伝え、雨や水のたいせつさを感じられるきっかけにしましょう。

雨が降らないと生き物や植物がどうなるのかをお子さんに問いかけ、声を引き出してください。雨水から生活用水ができるまでを見ながら、どんな場面で水をつかうか意見を出し合い、自分たちの生活にも雨が役立っていることを実感できるとよいですね。

水がなくなったらできなくなることや困ることをお子さんといっしょに考えてみましょう。そのうえで、「しずくちゃんチャレンジ」のような自分でできることをいっしょに考え、目標にしてみるのもよいですね。

せいかつ

てつだってもらったら…

ねらい

感謝の気持ちを相手に伝えましょう。

つかい方のヒント

ももちゃんとまことくんのやりとりを見て、ロボりんがどんなことに気づいたかを考え、感謝を伝えるたいせつさを共有しましょう。「ありがとう」は、言われたほうも、うれしい気持ちになることに気づけるとよいですね。

しょくいく

ながもちする たべもの

ねらい

食べ物を腐らせないための工夫について知らせます。

つかい方のヒント

同じ食べ物でも腐りにくくする工夫をするのとしないのとでは、おいしく食べられる期間が変わる不思議を感じられるとよいですね。見た目がどう変わったか、意見を出し合うのもよいでしょう。塩や砂糖、太陽の力な身近にある物でできる点にも注目したいですね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2021年度 ● キンダーブック2 ● バックナンバー

このページのトップへ