TOP > 検索結果

検索結果一覧

■読み物

 
 

44件中 21~30件を表示

戻る 1 2 3 4 5 次へ

生命がめぐる星

生命がめぐる星

地球

  • ■桃井和馬/著
  • ■発行年月 :2007年7月
  • ■定価   :1,500円(税別)

今、世界の各地で深刻な温暖化や環境破壊が続いている。原因の多くは人間が作っている。自然を見つめ直し、私たちがしなければならないことを考えるきっかけになる1冊。

東京の赤い雪

東京の赤い雪

  • ■漆原智良/作 山中桃子/絵
  • ■発行年月 :2007年6月
  • ■定価   :1,000円(税別)

読む際のポイントや適した効果音指示などの注記を盛り込んだシリーズ。昭和20年3月の東京大空襲で家族を失うぼくの物語。

森のイノシシ王ダイバン

河合雅雄の動物記 5

森のイノシシ王ダイバン

  • ■草山万兎/作 金尾恵子/絵
  • ■発行年月 :2007年4月
  • ■定価   :1,600円(税別)

西表島を舞台に、勇者(ダイバン)と呼ばれる大イノシシの7生態を、伝統的なイノシシ猟とからめて描きます。他に、人間と育ったクマの運命を描く一編を収録。

水俣の赤い海

水俣の赤い海

  • ■原田正純/著 箕田源二郎/絵
  • ■発行年月 :2006年10月
  • ■定価   :1,300円(税別)

海を汚染され水俣病にかかるものの、自らの受けた障害をのりこえて、精一杯生きようとする若者たちを描くドキュメント。

ぼくの南極生活500日

グラフィックドキュメント 2

ぼくの南極生活500日

ある新聞カメラマンの南極体験記

  • ■武田剛/文、写真
  • ■発行年月 :2006年8月
  • ■定価   :1,600円(税別)

第45次南極観測隊に随行した新聞カメラマンが、500日の南極越冬体験を、写真とともにつづるドキュメンタリー読み物。

千佳慕の横浜ハイカラ少年記

千佳慕の横浜ハイカラ少年記

  • ■熊田千佳慕/著
  • ■発行年月 :2006年3月
  • ■定価   :1,500円(税別)

94歳になる著者は「ファーブル昆虫記」を描くことで有名な動植物生態画家。ずっと住み続けている横浜、多感な少年時代をつづるエッセイ。

三羽の子ガラス

河合雅雄の動物記 4

三羽の子ガラス

  • ■草山万兎/作 金尾恵子/絵
  • ■発行年月 :2005年2月
  • ■定価   :1,600円(税別)

動物学者河合雅雄が長年に渡るフィールドワークの経験をもとに、大自然の中で繰り広げられる動物たちの姿を新たな発見と共に生き生きと描くシリーズ。第4巻は、カラスとツキノワグマを取り上げる。

もう、死なせない!

もう、死なせない!

子どもの生きる権利

  • ■桃井和馬/著
  • ■発行年月 :2004年7月
  • ■定価   :1,500円(税別)

1994年から批准された「子ども権利条約」。世界各地で見た子どもたちの現状を著者の言葉と権利条約を併記することによって、世界の子どもの生きる権利について考えていきます。

虫に出会えてよかった

ヒューマンドキュメント 4

虫に出会えてよかった

  • ■矢島稔/著
  • ■発行年月 :2004年3月
  • ■定価   :1,400円(税別)

なぜ虫なんですか?著者はよくみんなから聞かれるそうです。今までに書いたことのない子どもの時の戦争体験や動物園に入るまでの苦労、すきなことを追い続ける強さが伝わります。

チンパンジーにありがとう

ヒューマンドキュメント 3

チンパンジーにありがとう

  • ■堤秀世/著
  • ■発行年月 :2003年10月
  • ■定価   :1,400円(税別)

伊豆シャボテン公園の園長、堤秀世のチンパンジーショーは、それは楽しいものです。ショーを行うようになったきっかけや心通わすチンパンジーとの出会いなど感動の物語です。

44件中 21~30件を表示

戻る  1 2 3 4 5 次へ

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • コケッコーさん
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • 園の未来をデザインする 保育ナビ 園長~主任先生向
  • キンダーブック 2018年度
  • キンダーすまいるえいご
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン