TOP > 保育書 > 「気になる子」の未来のために 要配慮児対応・園での工夫

書籍詳細

「気になる子」の未来のために 要配慮児対応・園での工夫

「気になる子」の未来のために 要配慮児対応・園での工夫

上原文/著

  • 発行年月:2016年4月
  • 定価  :1,900円(税別)
  • 対象年齢:一般
  • サイズ :21×18cm
  • ページ数:128ページ
  • ISBN  :9784577814031

配慮が必要な子どもが増え、クラス運営に悩む保育現場の先生たちのために。著者の経験による解説と豊富なイラスト・カラー写真で、要配慮児の特徴と具体的な対応法がわかります。

ご購入について

以下のネット書店で購入できます。ボタンをクリックすると各サイトへ遷移します。

※小社Webサイト内での検索結果は在庫があることを示すものではございません。
恐れ入りますが、在庫の有無に関しましては、各通販サイトにて、ご確認ください。

※書籍に関するご質問等につきましては、お問合せフォームからお問合せください。

この本もおすすめ

120+塾 ヒャクニジュウプラスジュク

120+塾 ヒャクニジュウプラスジュク

好奇心を再活性化する65歳からの「強化書」

  • ■120+塾編集チーム/編
  • ■発行年月 :2018年9月
  • ■定価   :1,300円(税別)

人生を120%楽しみ、あわよくば120歳まで生きるつもりの65歳超の方々に贈る、好奇心を再活性化させる火種を集めた本。過去も現在も未来も、情報が満載です。

ながぐつをはいたねこ

ひきだしのなかの名作 10

ながぐつをはいたねこ

  • ■いとうみく/文 竹内通雅/絵 西本鶏介/監修
  • ■発行年月 :2018年8月
  • ■定価   :1,280円(税別)

貧しい粉屋の三男に残された財産はねこ一匹。嘆く三男をはげまし、ながぐつをはいたねこは、たくみなしわざで三男を「カラバ公爵」に仕立て上げます…。ペロー原作の爽快なサクセス・ストーリー。

ローズさん

フレーベル館文学の森 13

ローズさん

  • ■澤井美穂/作 中島梨絵/絵
  • ■発行年月 :2018年7月
  • ■定価   :1,400円(税別)

ピアノと母から逃れるため、祖母の暮らす町にやってきた中学2年生の惟。この町の噂「ローズさんの呪い」を調べることになり…。

おおかみとしちひきのこやぎ

ひきだしのなかの名作 9

おおかみとしちひきのこやぎ

  • ■末吉暁子/文 猫野ぺすか/絵 西本鶏介/監修
  • ■発行年月 :2018年6月
  • ■定価   :1,280円(税別)

「だれがきても決してドアを開けてはいけないよ」母やぎの言いつけで留守番をしていたしちひきのこやぎは、おおかみの変装にだまされて家のドアを開けてしまい…。幼いものへの強い教訓のこめられたグリム童話。

みせて おしえて せかいのこと~えいご・にほんご絵ずかん~

みせて おしえて せかいのこと~えいご・にほんご絵ずかん~

  • ■トム・スカンプ/作
  • ■発行年月 :2018年6月
  • ■定価   :2,380円(税別)

オットーとおともだちの住む世界、どんな世界?どんなものを食べて、どんなことを話してるの?オットーが案内する、とってもカラフルでにぎやかな世界。英語と日本語のバイリンガル表記がたのしい言葉と絵のずかん。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • コケッコーさん