TOP > 子どもの本 > ふたりのえびす

書籍詳細

ふたりのえびす

フレーベル館文学の森 29

ふたりのえびす

高森美由紀/作 太田麻衣子/絵

  • 発行年月:2022年1月
  • 定価  :1,540円(税込)
  • 対象年齢:小学校高学年から
  • サイズ :20×14cm
  • ページ数:240ページ
  • ISBN  :9784577050293

クラスでは明るいおちゃらけキャラを演じている太一。王子と呼ばれ女子に人気の高い大路優希と「八戸えんぶり」でえびす舞を踊ることになった。たがいの気持ちをぶつけ合いながら、最後にふたりがつかんだものとは?

この本もおすすめ

ソラモリさんとわたし

フレーベル館文学の森 28

ソラモリさんとわたし

  • ■はんだ浩恵/作 北村英理/絵
  • ■発行年月 :2021年12月
  • ■定価   :1,540円(税込)

ふしぎなおとな「ソラモリさん」と小6の美話。コピーライターのソラモリさんがつむぐ〈言葉レッスン〉をとおして、美話の言葉がどんどん花開いていく物語。第3回ものがたり新人賞大賞作の市販化。

赤い糸でむすばれた姉妹

フレーベル館文学の森 27

赤い糸でむすばれた姉妹

  • ■キャロル・アントワネット・ピーコック/作 日当陽子/訳 野田あい/絵
  • ■発行年月 :2021年10月
  • ■定価   :1,540円(税込)

中国人少女ウェンはアメリカで養女となるが、中国に残した親友のことが心を 離れない…。中国の伝説「赤い糸でむすばれた姉妹」である親友の養子縁組に奔走しつつ、家族の愛を求める少女の心の動きを細やかに綴る。

りぼんちゃん

フレーベル館文学の森 26

りぼんちゃん

  • ■村上雅郁/作 早川世詩男/装画・挿絵
  • ■発行年月 :2021年7月
  • ■定価   :1,540円(税込)

おとなになりたいと背伸びしている小6の朱理。転校生の理緒が抱える痛みを、暗闇を、知った朱理が、大切な友だちを守るためにできることとは? オオカミとのたたかいかたを描く問題作。

サマークエスト

フレーベル館文学の森 25

サマークエスト

  • ■北山千尋/作 しらこ/絵
  • ■発行年月 :2021年6月
  • ■定価   :1,540円(税込)

10年前父親が亡くなった日の写真を見つけたヒロキは、父の死んだ海を見に行くことに。少年たちがいどむ、たった1日の冒険。

キャンドル

フレーベル館文学の森 24

キャンドル

  • ■村上雅郁/作 遠田志帆/絵
  • ■発行年月 :2020年12月
  • ■定価   :1,540円(税込)

母を亡くして以来、どうしようもないことはあきらめてきた螢一。ある日、螢一をおそったある子の記憶。親友の翔真と記憶の主をさがすうちに、螢一の冷たく凪いでいた心に、小さくてもたしかな火がともり……。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • キンダーすまいるえいご
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン