TOP > 子どもの本 > キャンドル

書籍詳細

キャンドル

フレーベル館文学の森 24

キャンドル

村上雅郁/作 遠田志帆/絵

  • 発行年月:2020年12月
  • 定価  :1,400円(税別)
  • 対象年齢:小学校高学年から
  • サイズ :200×140cm
  • ページ数:312ページ
  • ISBN  :9784577049211

母を亡くして以来、どうしようもないことはあきらめてきた螢一。ある日、螢一をおそったある子の記憶。親友の翔真と記憶の主をさがすうちに、螢一の冷たく凪いでいた心に、小さくてもたしかな火がともり……。

この本もおすすめ

江戸の空見師 嵐太郎

フレーベル館文学の森 23

江戸の空見師 嵐太郎

  • ■佐和みずえ/作 しまざきジョゼ/絵
  • ■発行年月 :2020年11月
  • ■定価   :1,400円(税別)

いつかきっと、だれもが空見=天気予報を必要とする時代が来る!江戸に生きる空見の得意な少年が、「黒船再来航の日を予測する」という一世一代のお達しにいどむ、幕末フィクション!

サード・プレイス

フレーベル館文学の森 22

サード・プレイス

  • ■ささきあり/作 酒井以/絵
  • ■発行年月 :2020年9月
  • ■定価   :1,400円(税別)

中高生が利用できる「サードプレイス」は瑞希、大輝、陽菜、亮、それぞれの大切な居場所。学校で家で自分らしくいられない、困っている子どもたちを応援する4つの短編連作。

おいで、アラスカ!

フレーベル館文学の森 21

おいで、アラスカ!

  • ■アンナ・ウォルツ/作 野坂悦子/訳
  • ■発行年月 :2020年3月
  • ■定価   :1,400円(税別)

転校してきたスフェンはパーケルをからかうイヤな男の子。だが昔飼っていたアラスカがスフェンの介助犬だとパーケルは知り、取り戻そうとスフェンの家にしのびこむが…。オランダの児童文学賞、銀の石筆賞を受賞。

あの子の秘密

フレーベル館文学の森 20

あの子の秘密

  • ■村上雅郁/作 カシワイ/絵
  • ■発行年月 :2019年12月
  • ■定価   :1,400円(税別)

小夜子の心の友だち、黒猫はだれにもみえない彼女の秘密。そして転校生の明來(あくる)にも人には言えない秘密があって…。あの子の秘密をめぐる、ふたりの心の旅が始まる。

クレンショーがあらわれて

フレーベル館文学の森 19

クレンショーがあらわれて

  • ■キャサリン・アップルゲイト/作 こだまともこ/訳 まめふく/絵
  • ■発行年月 :2019年10月
  • ■定価   :1,400円(税別)

10歳のジャクソンのまえにふたたびあらわれた、想像上の友だち「でかネコのクレンショー」。これはもしかして、悪夢のような貧困生活がはじまる前触れ?イマジナリーフレンドの再来が、自分の心と向き合わせる。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • コケッコーさん
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • キンダーすまいるえいご
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン