TOP > 子どもの本 > わたしの もりを ぬけたら

書籍詳細

わたしの もりを ぬけたら

わたしの もりを ぬけたら

レイチェル・ウッドワース/作 サン・ミャオ/絵 華恵/訳

  • 発行年月:2018年10月
  • 定価  :1,400円(税別)
  • 対象年齢:4歳から
  • サイズ :28×24cm
  • ページ数:32ページ
  • ISBN  :9784577047002

良い日も悪い日もあって、どうしても嫌なことが多い日は…想像の世界へ行くのが好き。小さな悲しみや、イライラを感じることは悪いことではなく、想像の世界に浸ることで、また日常をおくることができる。

ご購入について

以下のネット書店で購入できます。ボタンをクリックすると各サイトへ遷移します。

※小社Webサイト内での検索結果は在庫があることを示すものではございません。
恐れ入りますが、在庫の有無に関しましては、各通販サイトにて、ご確認ください。

※書籍に関するご質問等につきましては、お問合せフォームからお問合せください。

この本もおすすめ

右手にミミズク

フレーベル館文学の森 15

右手にミミズク

  • ■蓼内明子/作 nakaban/絵
  • ■発行年月 :2018年10月
  • ■定価   :1,400円(税別)

右と左の区別がつかないタケルは、東京からやってきたミノリに、右手にミミズクの絵を描いてもらって近づき…? 第1回フレーベル館ものがたり新人賞大賞受賞作!

120+塾 ヒャクニジュウプラスジュク

120+塾 ヒャクニジュウプラスジュク

好奇心を再活性化する65歳からの「強化書」

  • ■120+塾編集チーム/編
  • ■発行年月 :2018年9月
  • ■定価   :1,300円(税別)

人生を120%楽しみ、あわよくば120歳まで生きるつもりの65歳超の方々に贈る、好奇心を再活性化させる火種を集めた本。過去も現在も未来も、情報が満載です。

ながぐつをはいたねこ

ひきだしのなかの名作 10

ながぐつをはいたねこ

  • ■いとうみく/文 竹内通雅/絵 西本鶏介/監修
  • ■発行年月 :2018年8月
  • ■定価   :1,280円(税別)

貧しい粉屋の三男に残された財産はねこ一匹。嘆く三男をはげまし、ながぐつをはいたねこは、たくみなしわざで三男を「カラバ公爵」に仕立て上げます…。ペロー原作の爽快なサクセス・ストーリー。

ローズさん

フレーベル館文学の森 13

ローズさん

  • ■澤井美穂/作 中島梨絵/絵
  • ■発行年月 :2018年7月
  • ■定価   :1,400円(税別)

ピアノと母から逃れるため、祖母の暮らす町にやってきた中学2年生の惟。この町の噂「ローズさんの呪い」を調べることになり…。

おおかみとしちひきのこやぎ

ひきだしのなかの名作 9

おおかみとしちひきのこやぎ

  • ■末吉暁子/文 猫野ぺすか/絵 西本鶏介/監修
  • ■発行年月 :2018年6月
  • ■定価   :1,280円(税別)

「だれがきても決してドアを開けてはいけないよ」母やぎの言いつけで留守番をしていたしちひきのこやぎは、おおかみの変装にだまされて家のドアを開けてしまい…。幼いものへの強い教訓のこめられたグリム童話。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • コケッコーさん