TOP > 子どもの本 > レモネード戦争

書籍詳細

レモネード戦争

ものがたりの庭 3

レモネード戦争

ジャクリーヌ・デイヴィーズ/作 日当陽子/訳 小栗麗加/絵

  • 発行年月:2014年11月
  • 定価  :1,300円(税別)
  • 対象年齢:小学校中学年から
  • サイズ :21×16cm
  • ページ数:188ページ
  • ISBN  :9784577042519
  • 全国学校図書館協議会選定図書
    日本図書館協会選定図書

小学生の兄妹が、妹の飛び級をきっかけにけんかをし、レモネードを売った売上で勝敗をつけようとする。ビジネスの言葉を章タイトルにし、ちょっとした経済問題も学べる、自身の成長と家族の愛情の物語。

この本もおすすめ

セイギのミカタ

ものがたりの庭 15

セイギのミカタ

  • ■佐藤まどか/作 イシヤマアズサ/絵
  • ■発行年月 :2020年6月
  • ■定価   :1,300円(税別)

小4の木下守は、はずかしいと真っ赤になる赤面症が悩み。人気者の大我にからかわれると、いつも正義感の強い周一がやってきて、余計に注目をあびてしまい…。自分らしくいられるように、背中を押してくれる物語!

キセキのスパゲッティー

ものがたりの庭

キセキのスパゲッティー

  • ■山本省三/作 十々夜/絵
  • ■発行年月 :2019年11月
  • ■定価   :1,300円(税別)

渉、真奈、ジーナとユジュン、それぞれのスパゲッティーに思いがからまって…気持ちをうまく伝えらない子への応援ストーリー。

モノ・ジョーンズとからくり本屋

ものがたりの庭 13

モノ・ジョーンズとからくり本屋

  • ■シルヴィア・ビショップ/作 三辺律子/訳 平澤朋子/絵
  • ■発行年月 :2019年2月
  • ■定価   :1,400円(税別)

田舎の小さな書店に暮らす11歳の女の子<モノ>。憧れの書店を引継ぐことになって家族は大喜び、だがトリックがあったのだ。

どこどこ山はどこにある

ものがたりの庭 12

どこどこ山はどこにある

  • ■おおぎやなぎちか/作 松田奈那子/絵
  • ■発行年月 :2018年9月
  • ■定価   :1,300円(税別)

まどかのひいおばあちゃん「ひいちゃん」には、最近ちょっとふしぎなところがあるみたい。ふらっと外に出たひいちゃんを追いかけて、まどかは知らない山に迷いこんだ…。

おじいちゃんとおかしな家

ものがたりの庭 11

おじいちゃんとおかしな家

  • ■西 美音/作 石川えりこ/絵
  • ■発行年月 :2018年2月
  • ■定価   :1,300円(税別)

小学4年生のくるみのおじいちゃんは元・大工。木彫りで作ったコイやぶさいくな犬、かたむいた家…なぜかへんてこなものばかり。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • コケッコーさん
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • キンダーすまいるえいご
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン