TOP > 子どもの本 > だましえだいく

書籍詳細

だましえだいく

だましえだいく

青山邦彦/作・絵

  • 発行年月:2013年10月
  • 定価  :1,430円(税込)
  • 対象年齢:子どもから大人まで
  • サイズ :30×22cm
  • ページ数:32ページ
  • ISBN  :9784577041529
  • 全国学校図書館協議会選定図書
    日本図書館協会選定図書

ある大工のまわりで、おかしなことが。矛盾が起こる柱や梁、循環はしご、途中で消える柱。すぐにクビになりますが、火事の現場に出くわして…。ストーリーを読んで楽しめ、だまし絵を見て楽しい、2倍楽しめる絵本!

ご購入について

以下のネット書店で購入できます。ボタンをクリックすると各サイトへ遷移します。

※小社Webサイト内での検索結果は在庫があることを示すものではございません。
恐れ入りますが、在庫の有無に関しましては、各通販サイトにて、ご確認ください。

※書籍に関するご質問等につきましては、お問合せフォームからお問合せください。

この本もおすすめ

のぞいてごらん おとぎのせかい

のぞいてごらん おとぎのせかい

  • ■青山邦彦/作
  • ■発行年月 :2022年4月
  • ■定価   :1,540円(税込)

『ジャックと豆の木』『シンデレラ』『ももたろう』『ヘンゼルとグレーテル』等、有名な七つのおとぎばなしを、建築物を中心に、1枚の絵の中に精緻に再現展開。ストーリーと探し絵もついて、何度でも楽しめます!

マダム・ミャーゴのひみつのいえ

マダム・ミャーゴのひみつのいえ

  • ■青山邦彦/作・絵
  • ■発行年月 :2016年10月
  • ■定価   :1,430円(税込)

マダム・ミャーゴは裕福な家に飼われている雌ネコだが、実は裏の顔がある。街中にいづらい動物たちをかくまって、「ひみつのいえ」をつくらせているのだ…。細かい精緻な筆致が評判の青山邦彦最新作!

江戸の妖怪一座

江戸の妖怪一座

  • ■青山邦彦/作・絵
  • ■発行年月 :2015年6月
  • ■定価   :1,430円(税込)

江戸時代のさびれた見せ物小屋の一座。役者がどんどんやめて誰もいなくなった座長の前に現れた子どもの妖怪が「いつも見ていて芝居をやりたいから入れてくれ」というのですが…。巻末に出てくる妖怪の紹介付き!

おかしのまち

おかしのまち

  • ■青山邦彦/作・絵
  • ■発行年月 :2015年1月
  • ■定価   :1,320円(税込)

あるまちのお菓子やさんに、ブラウニーという手伝いこびとがすみついていました。主人とけんかしたブラウニーたちは主人の鼻を明かすため、一夜で大評判となるあることを…。

いたずらゴブリンのしろ

いたずらゴブリンのしろ

  • ■青山邦彦/作・絵
  • ■発行年月 :2007年10月
  • ■定価   :1,430円(税込)

ある王国のお城が一夜のうちにできあがった! 驚きながらも住み始める王さまたちですが、ふしぎなことがたびたび起こり…。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン