TOP > 保育書 > 私たちのまちの園になる

書籍詳細

私たちのまちの園になる

私たちのまちの園になる

~地域と共にある園をつくる~

松本理寿輝/著 秋田喜代美/著 まちの保育園/著

  • 発行年月:2016年11月
  • 定価  :1,800円(税別)
  • 対象年齢:一般
  • サイズ :257×182cm
  • ページ数:80ページ
  • ISBN  :9784577814062

今後、園・保育施設は、地域コミュニティにおける子育て全般の担い手になることが求められます。子ども、保護者、地域を巻き込みながら、「まち」の中心にある園になるための取り組みを、具体的に紹介します。

ご購入について

以下のネット書店で購入できます。ボタンをクリックすると各サイトへ遷移します。

※小社Webサイト内での検索結果は在庫があることを示すものではございません。
恐れ入りますが、在庫の有無に関しましては、各通販サイトにて、ご確認ください。

※書籍に関するご質問等につきましては、お問合せフォームからお問合せください。

この本もおすすめ

SNS

みんなで考えよう! つかう・つかわない? どうつかう? 3

SNS

本当につながっている?

  • ■秋田喜代美/監修 稲葉茂勝/著
  • ■発行年月 :2016年2月
  • ■定価   :2,700円(税別)

便利だけど、同時に問題もはらむ「SNS」のつかい方とは? 子どももおとなも、自分たちの答えにたどり着くのを促すシリーズ。

ケイタイ

ケイタイ

  • ■秋田喜代美/監修 稲葉茂勝/著
  • ■発行年月 :2015年10月
  • ■定価   :2,700円(税別)

未来の情報社会を生きるため、子どももおとなもいっしょになって、情報リテラシーを育てよう!お仕着せではなく、自分自身が正しいと思えるモラルにたどりつくのを助けるシリーズ。

くらしの素顔

くらしの素顔

保育の場の子どもたち

  • ■秋田喜代美/著
  • ■発行年月 :2011年5月
  • ■定価   :1,300円(税別)

園でのくらしの風景や子どもの姿についての思索13編と幼稚園・保育所を描いた絵本12冊から、園におけるくらしを考えた1冊

スマフォ

みんなで考えよう! つかう・つかわない? どうつかう? 2

スマフォ

便利さにたよりすぎていない?

  • ■秋田喜代美/監修 稲葉茂勝/著
  • ■発行年月 :2015年12月
  • ■定価   :2,700円(税別)

便利だけど、同時に問題もはらむ「スマフォ」のつかい方とは? 子どももおとなも、自分たちの答えにたどり着くのを促すシリーズ。

心をとめて森を歩く

心をとめて森を歩く

  • ■小西貴士/文、写真 河邉貴子/文
  • ■発行年月 :2016年11月
  • ■定価   :1,800円(税別)

森に心をとめてきた人、子どもに心をとめてきた人。丁寧に森を歩き、丁寧に子どもに寄り添うことから生まれたフォト&エッセイです。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • コケッコーさん