保育者様へ

フレーベル館のココだけの話

 

新商品『TRE I ETT (ティエ)』

2015/07/01

梅雨のジメジメした毎日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしですか?

本日は、今年度の新入社員より、6月中旬に発売したピッカピカの新商品「ティエ」のココだけの話をお届けいたします!

ティエは、子どもたちの「いいコトかんがえた!」がつまった室内遊具です。

詳しくは今月のおすすめ商品のページに載っていますので、そちらをご覧ください。

https://www.froebel-kan.co.jp/teacher/item_recomed/detail7666.html

 

この新商品の「ココだけの話」を、開発担当の先輩社員へ、突撃インタビューして参りました!!

Q 「ティエ」という商品名は、どういう意味ですか?

 Tre i ett (スウェーデン語のトゥレ イ エット)の頭文字

 「T i e」から名前が生まれました。

 スウェーデン語は、デザイナーのAmandaさんの母国語です。

 Tre i ett とは、3つを1つにという意味で、

  ①自分で空間をつくる

  ②横になって休む

  ③床に座ってくつろぐ

 という3つの機能を持つ遊具であることを表現した商品名となっています。

 

Q スウェーデンの方がデザインされたんですね!では、デザイン監修をしている鉄矢先生はどんな人ですか?

 東京学芸大学の教授です。「モノづくり、コトづくり、バづくり」を合言葉に、

 教具、遊具やワークショップのデザイン、あそびのスペースデザイン、まちづくりなど

 幅広くデザイン活動を展開されています。

 新聞紙構造体ワークショップは、国内各地に広がるほか、

 スウェーデンやメキシコなど海外でも高い評価を得ています。

 フレーベル館とは、2014年度に発売したYu-Moを一緒につくりました。

 

Q 材質の「EVA」って、どんな特徴があるのですか?

 水を吸わない性質で、私たちの身近な生活用品にも多く使用されています。

 ポリエチレンよりも軽量で柔軟性と弾力性があり、

 丈夫で切れにくい性質があります。

 

Q 便利な素材ですね!他にはどんなところで使われてるのですか?

  サンダルの底やバスマット、ジョイント式のマット、紙容器類のコーティング材

 (食品包装紙や紙コップなど)や、赤ちゃんの玩具など、

  色々な場所で使われています。

 

Q 紙コップにも使われているなんて驚きです!さて、こちらの遊具は様々な遊びができることが魅力ですが、その中でも開発担当者おすすめの遊び方を教えてください。

 実際に子どもに遊んでもらうモニターをしてみると、トンネルや小さな部屋など、

 囲われ感のある空間が子どもたちに大人気でした。

 3歳くらいになると、自分で組み立てられる面白さが出てくるようです。

 少ない枚数でのモニターだったので、子ども同士でケンカになってしまいました。。。

 たくさんあると創造力を膨らませ、思う存分活動できますよ!

 

Q 最後に、みなさまへのメッセージを一言おねがいします!

 乳児さんから遊べる、自分で遊び場所を作れる遊具です。

 年齢・発達に合わせいろいろな遊びに発展できるので、長くお使いいただけます!

 夢中になって作る子どもたちの笑顔はとても素敵でした。

 ぜひ使ってみてください!

 

つい色々聞きすぎて長くなってしまいましたが(汗)、最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回も開発担当者からのココだけの話を突撃インタビューして参りますので、お楽しみに~!