子どもの本のページ

スタッフルーム

いのりの石

いのりの石

1945年8月6日午前8時15分、広島に人類史上初の原子爆弾が落とされました。

14万人の尊い生命が奪われ、広島市内は廃墟と化しました。

爆心地からわずか200メートルと離れていない

相生橋付近で使われていた広島電鉄市内電車の線路敷石は、

原子爆弾がもたらした、恐ろしい悲惨な場面の目撃者となりました。

悽惨な原爆を体験したこれらの石は、人びとの手によって再生し、

平和の大切さを伝えるメッセンジャーとして、

広島から世界各国へと届けられています。

いのりの石

いのりの石
本体価格1,300円(税別)
著者名こやま峰子/文 塚本やすし/絵
対象年齢小学校低学年から
サイズ27×21cm
ページ数40ページ
発行年月2015年6月
ISBN9784577042892

購入する

※上のボタンを押すと「書籍詳細」ページへ遷移します。そちらのページに各通販サイトへのリンクがございますので、お好みの通販サイトからご購入ください。

いのりの石

物語の語り手は敷石自身です。

敷石の「わたし」は、ほがらかな町の人びとを眺めて暮らすのが、毎日の楽しみでした。

しかし、戦争によって、だんだんと、人びとから笑顔が消えていきます。

1945年8月6日午前8時15分、原爆が落とされると、

「わたし」のまわりは地獄のような光景に一変…。

戦争が終わり、集められた「わたしたち」に、

人びとは平和への祈りを込めて、やさしい表情を彫りました。

こうして電車の敷石だった「わたしたち」は、『いのりの石』に生まれ変わったのです。

「わたしたち」は、平和希求のシンボルとして世界各国へと届けられました。

贈呈国は100か国以上。今も、声なきメッセージを発信し続けています。

巻末には資料ページが付いています。

読み手が自らの知識を深めることで、思いを込めて読み聞かせしたり、

内容についてお子さんと話し合ったりすることができます。

また、総合的な学習への展開も可能です。

編集部ピックアップ一覧
 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン