子どもの本のページ

スタッフルーム

おたすけ屋助太のぼうけん おばけ、さがさないでください

おたすけ屋助太のぼうけん おばけ、さがさないでください

なんでも屋の「おたすけ屋」を営む家の長男、助太くん。

 

いつものように、のんきにマンガを読みながら店番をしていました。

とんでもないやっかいごとが近づいているとも知らずに…。

 

ふしぎな声とともに、目の前に現れたあやしいお客さん。

そのお客さんは、助太に頼みがあるというのです。

いったい、どういうことなのでしょう?

 

日常のなかで起きる、ご近所なぼうけん物語がはじまります!

 

おたすけ屋助太のぼうけん おばけ、さがさないでください

おたすけ屋助太のぼうけん おばけ、さがさないでください
本体価格1,200円(税別)
著者名あんずゆき/作 三木謙次/絵
対象年齢小学校中学年から
サイズ21×16cm
ページ数112ページ
発行年月2015年3月
ISBN9784577042731

購入する

※上のボタンを押すと「書籍詳細」ページへ遷移します。そちらのページに各通販サイトへのリンクがございますので、お好みの通販サイトからご購入ください。

おたすけ屋助太のぼうけん おばけ、さがさないでください

助太がひとりで店番をしていたときにやってきた、なぞのお客さん、「うまださん」。

住所や電話番号を聞くとうろたえて、なんだかあやしいです。

でも、とにかく困っているらしく、助太にその困りごとを解決して欲しいと依頼します。

助太の町で、今いちばんホットな話題、「くらやみトンネルのおばけ馬目撃情報」。

目撃者がおたすけ屋にいちばんにしゃべりに来たこともあり、助太も話の拡散に大貢献!

ところがそれを聞いたうまださんは大きなため息。

いったい、どうしたというのでしょう?

うまださんが店に来た、数日後の夜。寝ていた助太のすぐそばにうまださんが!

たしかに「また、むかえにくる」と言いのこして帰っていったけれど、

夜に、しかも、いきなりベッドのそばにくるなんて!?

なんだかおかしい。けれど助太は夢だと思い、うまださんについて行くことに。

その正体が、例のおばけ馬だとも知らずに…。助太はどうなってしまうのでしょうか!?

表紙を開いたところ(見返しといいます)にも注目!

助太のくらす町の地図がのっています。

この地図、後ろ表紙を開いたところにもあるのですが、前と後ろでちょっとちがうのです。

後ろの地図は、本を読み終わってから見てくださいね!

編集部ピックアップ一覧
 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン