子どもの本のページ

スタッフルーム

赤いペン

赤いペン

 

「そのペンは、人間に何かをかかせて、いつのまにか消えてしまうんだって」

 

町で流れる不思議な「赤いペン」のうわさを調べるため、

中学生の夏野は町の文学館を訪れた。

「うわさの真相をたどるには、直接ペンの持ち主から話を聞くべきだ」

という文学館の人の助言から、夏野は赤いペンを持っていた人を探しだし、

ペンにまつわる物語を聞きだしていく。

人から人へ、物語を生んでは消えていくペンの足跡を追いながら、

夏野の調査ノートにも、ペンの残した「物語」が集まっていき…。

 

はたして、夏野がたどりついた「赤いペン」の真実とは?

 

 

赤いペン

赤いペン
本体価格1,400円(税別)
著者名澤井美穂/作 中島梨絵/絵
対象年齢小学校高学年から
サイズ20×14cm
ページ数200ページ
発行年月2015年2月
ISBN9784577042199
その他第16回ちゅうでん児童文学賞大賞受賞作品

購入する

※上のボタンを押すと「書籍詳細」ページへ遷移します。そちらのページに各通販サイトへのリンクがございますので、お好みの通販サイトからご購入ください。

赤いペン

夏野が訪れた文学館には、個性的な面々。ちょっと強引なちはやさんと、ちはやさんに押されっぱなしの草刈さん。ひっこみじあんな夏野の調査を、あたたかく後押ししてくれる、頼もしい存在のふたり。

夏野の調査を聞きつけて、勝手にアシスタントになってしまったクラスメイトの春山。おしゃべりで落ち着きがないが、社交性ばつぐんで、夏野の調査をたびたび助けてくれる。夏野の言葉に一喜一憂しているけれど、もしかして…?

ペンを手にした人の話は、どれも不思議は話ばかり。夏野たちはペンの物語を集めるにつれ、「赤いペン」の真相に一歩一歩近づいていく…。

編集部ピックアップ一覧
 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン