子どもの本のページ

スタッフルーム

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつの たんけん

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつの たんけん

犬のセッセは、せっかちで前のめり。

猿のヨッコラは、冷静でちょっとめんどうくさがり。

そんなふたりが、布団の中で(!?)洞窟探検を繰り広げます。

 

那生先生曰く、この作品のタネは、

ご自身が子どものころに行っていた「夜のひとりごと遊び」。

 

★★★★★★★

 

「おーいっ! ここは真っ暗でなにも見えないぞ! 助けてくれーっ!」

 

このセリフ、毎夜ベッドに入って暗くなると聞こえてくる、小さなころのぼくのひとりごと。
舞台は戦場か船上。

だいたいが絶体絶命の立場に置かれているのはぼくで、ストーリーのはじまりはじまり。

どうにかこうにか、あらゆるモノを駆使して危機を脱出し、ギリギリ助かるのがいつものパターン。

 

だって、原作・監督・演出・主演・エキストラ・効果音に至るまで、すべて自分なんだから、助からないはずがないんだけど、これがまあ楽しくて楽しくて…。

いつかはこの「夜のひとりごと遊び」を題材に絵本を描こうと思っていたのを、ついにカタチにすることができた。
でも、2段ベッドの下段で寝ていた姉は、毎夜うるさかっただろうなぁ。

 

★★★★★★★

 

セッセとヨッコラの思うがままに進行される探検ストーリーは、

読み手の空想力をおおいに満たしてくれます!

 

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつの たんけん

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつの たんけん
本体価格1,200円(税別)
著者名高畠那生/作・絵
対象年齢4歳から
サイズ27×21cm
ページ数32ページ
発行年月2014年6月
ISBN9784577042137

購入する

※上のボタンを押すと「書籍詳細」ページへ遷移します。そちらのページに各通販サイトへのリンクがございますので、お好みの通販サイトからご購入ください。

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつの たんけん

真っ暗闇に、4つの目玉がぱちくり。

いったいだれが、どこで、なにをしているのでしょう?

目玉の正体は、イヌのセッセと猿のヨッコラでした。

ふたりは夜、布団の中で話していたのです。

ヨッコラの「どうくつにいるみたいではあるけどね」という台詞をきっかけに、

どこまでも空想が広がって…

ふたりの洞窟探検がはじまります。

 

それにしても、「ヒョゴーどうくつ」ってどんな洞窟…?

答えは、探検の果てに!

編集部ピックアップ一覧
 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン