TOP > 子どもの本 > 用寛さん本伝 出発の巻

書籍詳細

用寛さん本伝 出発の巻

こども講談

用寛さん本伝 出発の巻

杉山亮/作 藤本ともひこ/絵

  • 発行年月:1995年10月
  • 定価  :1,210円(税込)
  • 対象年齢:小学校中学年から
  • サイズ :22×16cm
  • ページ数:168ページ
  • ISBN  :9784577015414
  • 全国学校図書館協議会選定図書

親のいない空助が、用寛という名の小坊主になるまでのお話です。講談調の語り口でなぞなぞやとんち問答もたくさんでてきます。

ご購入について

以下のネット書店で購入できます。ボタンをクリックすると各サイトへ遷移します。

※小社Webサイト内での検索結果は在庫があることを示すものではございません。
恐れ入りますが、在庫の有無に関しましては、各通販サイトにて、ご確認ください。

※書籍に関するご質問等につきましては、お問合せフォームからお問合せください。

この本もおすすめ

ついてる月次郎

こども講談

ついてる月次郎

  • ■杉山亮/作 古川タク/絵
  • ■発行年月 :2002年8月
  • ■定価   :1,100円(税込)

貧乏神に人間にしてもらった三毛猫月次郎。災難を幸運にかえるついてる月次郎が、ばけもの退治にのりだします。さて…?

お花咲太郎

こども講談

お花咲太郎

  • ■杉山亮/作 堀田あきお/絵
  • ■発行年月 :2002年3月
  • ■定価   :1,100円(税込)

咲太郎は花売りの少年。お花は茶屋の娘。二人の恋物語を江戸の向島を舞台にお話はすすみます。講談と言っても、とても読みやすく、おとなの方やご年配の方の楽しめますよ。

はっけよい鯉太

こども講談

はっけよい鯉太

  • ■杉山亮/作 おかべりか/絵
  • ■発行年月 :2001年4月
  • ■定価   :1,210円(税込)

主人公の鯉太は、村人を困らせるごろつき力士を倒し、横綱に認められて角界入りします。言葉遊びの楽しさがいっぱい詰まった本です。

青空晴之助 虎天王の巻

こども講談

青空晴之助 虎天王の巻

  • ■杉山亮/作 川端誠/絵
  • ■発行年月 :2000年6月
  • ■定価   :1,210円(税込)

シリーズ完結の最終巻。既刊の4巻までに出てきた動物たちも再登場し、晴之助とともに大活躍。思わすホロリのエンディングです。

青空晴之助 千匹狼の巻

こども講談

青空晴之助 千匹狼の巻

  • ■杉山亮/作 川端誠/絵
  • ■発行年月 :2000年2月
  • ■定価   :1,210円(税込)

第4巻の活躍の舞台は、伊予国(今の愛媛県)の石鎚山。深山にこだまする竹刀の音が聞こえてきそうな一冊です。

 

本をさがす

> 検索の仕方



> 詳しくさがす

すべての本を表示

キャラクターからさがす

  • アンパンマン
  • ウォーリー
  • ねこざかな
  • モルカー
 
  • メールマガジン フレーベル館の絵本ルーム ご登録はこちらから!
  • もりのほんやさん
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • おうちでキンダーブック
  • キンダーブック 2018年度
  • キンダーすまいるえいご
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン