保育者様へ

フレーベル館のココだけの話

 

新商品『ロクトコ』

2016/07/01

 

今回は、新商品『ロクトコ』のココだけの話をお届け致します!

商品の詳しい情報はこちらからどうぞ。

『ロクトコ』は、組んだり、乗ったり、ソファになったり。

パズル感覚で楽しめる凸凹クッション遊具です!

 

Q.商品名『ロクトコ』の意味を教えてください!

ロクトコは、トとコの形が6個あるという外見と、6個のいいトコがあるというコンセプトから、名前が決まりました。

↑「ト」3個・「コ」3個の合計6個で1セット

 

6個のいいトコとは、

①創り出す能力を育てるトコ
②工夫する楽しさがあるトコ
③全身を使って運動できるトコ
④楽しめる対象年齢が広いトコ
⑤コンパクトにしまえるトコ
⑥お手入れが簡単なトコ

です。

これからの暑い季節も、いいトコいっぱいのロクトコでお部屋遊びを楽しんでくださいね!

 

Q.そんなにたくさんいいトコがあるのですね!!
「お手入れが簡単」とありますが、どのようにお手入れするのですか?

硬く絞ったタオルで拭いてください。

汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を含ませ、硬く絞ったタオルで拭いた後、しっかりと洗剤を拭き取ってください。その際は縫目から水分が染み込まないように注意してくださいね。

 

Q.なるほど。布製品はお洗濯が大変ですが、ロクトコは表面がウレタンレザーなのでお手入れしやすいのですね!
さて、こちらの商品は『
Yu-Mo』『ティエに続く、学芸大こども未来研究所とのコラボ商品ですが、「学生さんの発想を商品化すること」にはどのような良いことがありますか?

東京学芸大学の教授とデザインを学ばれている学生さんと一緒に企画をしているのですが、教員を目指す学生さんなので、子どものことを考えた企画がたくさん提案され、開発部隊の私達はとても良い刺激をもらっています。

 

Q.私も学生さんとの打ち合わせに同席させて頂いたことがありますが、柔軟で新しい発想がたくさん出てきてとても刺激を受けました!
『ロクトコ』は、『ティエ』と一緒に遊べるのですよね?

はい!『ティエ』と『ロクトコ』は、両方高さが50cmです。

『ティエ』だけで作るのが難しい小さな子でも、『ロクトコ』に沿って置くことで倒れにくくなります。

「できた!」という成功体験が、「もっと遊びたい!作りたい!」という気持ちに繋がると思うので、まずは簡単に作れるように一緒に遊ぶのもおすすめです。

↑『ティエ』と『ロクトコ』を一緒に使うと、こんなに立派なお城が作れます!

 

Q.子どもが全身を使って遊べる大きな積み木やブロックは他にもありますが、他商品と異なるのはどのようなところですか?

組んで遊べるところです。

同じようなクッション遊具ですと、運動系のものが多くありますが、ロクトコは、運動+創造の両方できることが大きな特徴です。

組むことによって、新しい形の発見や、見立てができます。

また、全身を使う大きなブロックを組むという遊びは、小さなブロックとは違う楽しさがあると思います。

↑自分たちで組んで、ミニアスレチックを作ったよ!
やわらかいので、バランス感覚も養えます。

↑クルマごっこの見立て遊びに!
『ト』も『コ』もクルマに変身!

 

↑絵本の読み聞かせ用ソファにも!

 

 

いいトコたくさんの『ロクトコ』で、是非楽しく遊んでくださいね♪

次回も、開発担当者からのココだけの話をお届け致します!

お楽しみに~!!

 
 
  • 園の未来をデザインする 保育ナビ 園長~主任先生向
 
 
  • 園庭遊具の日常点検シート
  • 販売機構
  • キンダーブック 2011年度
  • フレーベル館オンラインショップ つばめのおうち
  • アンパンマンポータルサイト それいけ!アンパンマン