保育者様へ

フレーベル館のココだけの話

 

園舎設計ココだけの話

2015/10/01

今月も、新入社員から”ココだけの話”をお送りします。

突然ですが、皆様はフレーベル館が保育備品や遊具だけではなく、園舎設計も承れることをご存知でしょうか?

今回は園舎設計のあれこれについてインタビューして参りました!

 

Q.巷には沢山の建築設計事務所がありますが、フレーベル館が園舎を設計すると、どのような特徴がある園舎になるのでしょう?

フレーベル館は保育に特化した会社なので、一般の設計会社などと比べると、保育現場からの生の声がより多く入ってきます。

そのような環境で設計をしているので、現代の多種多様な保育現場に合わせ、「園ならではのニーズ」を満たした設計ができます。

また、フレーベル館には建築の知識だけではなく、長年子どもたちのための家具備品・遊具・教材などを作ってきたノウハウも蓄積されているので、それらをすべて生かした設計が可能となりますね。

 

Q.大勢の子どもたちが何十年も使うとなると、内装も一般の住宅などとは異なってくると思うのですが、内装についてはどのような点に気をつけて設計しているのですか?

園舎ならではのこだわりは多数あります。

例えば床について言うと、園さんが「素足で保育する園なので、足に気持ちよく感じる素材がいい」という場合は無垢材を使いますし、「転んでも怪我をしない方がいい」という場合はクッションフロアというやわらかめの素材を使います。このようにそれぞれの園さんの方針を踏まえながら、最も相応しい素材を選びます。

他にも、壁については床から1m程の高さまで合板で腰壁を作れば、子どもがさわることなどによる汚れに対応し、家具を置くことにより壁紙が痛むことも防げます。

また、ちょっとした小さな角でも丸みを持たせた作りにして怪我を防ぐなど、細かいところまで配慮するようにしています。

Q.園舎の新築だけでなく、部分的な改修や増築にも対応できるのですか?

もちろんです!

例えば幼稚園を認定こども園にする場合、給食を自園調理をする必要性が出てくるのですが、そういった場合の調理室の増築も承ります。

その他にも耐震補強や、トイレのみの改修などにも対応できますので是非ご相談下さい。

 

Q.保育に関する制度が色々と変わっており、園舎を新築する際にわからないことは多々あると思うのですが、その辺りのサポートはどのようにして貰えるのですか?

フレーベル館には、設計に関わるサポートはもちろん、運営に関するサポートをする部隊もあるので、ソフト・ハード両面から包括的に対応する体制が整っています。

行政に対する補助金などの問い合わせも一緒に行いますので、是非一度ご相談ください!

 

Q.最後にみなさまへ一言をどうぞ!

フレーベル館では、園舎や遊具といった大きなものから、家具備品・玩具・教材・食器等々園に関わるものすべてを提案できるので、新しい園をつくる際の負担が少なく、安心して開園に臨んで頂けると思います。

そろそろ建替えしたいなと思っていても、まだ全然具体的じゃない、誰に何を相談したらいいかわからない・・・、そんなときは、まずはフレーベル館にご相談ください!

園舎の建替えや新築は、ほとんどの園さんにとって初めての経験です。それと同時に、とても大きなビッグプロジェクト!

だから、わからないことや不安がいっぱいあって当然なのです。

フレーベル館の園舎設計では、園舎や遊具はもちろんのこと、家具備品・玩具・教材・食器など、園に関わるものを様々な角度でご提案します。

まずは、どんな小さな思いでも、私たちにお伝えください。

ひとつひとつの思いを大切に積み上げて、一緒に理想の園をつくりあげていきましょう!

 

 

 

今回は、子どもたちや保育者のみなさまへの思いが詰まったフレーベル館の園舎設計についてお伝えいたしました!

次回も新入社員が開発担当者のココだけの話をインタビューして参りますので、是非ご覧ください♪