遊びの中から英語に親しむ体験を

すまいるえいご最新号

※2019年4月が創刊号となります。発売まで今しばらくお待ちください

4月号

4月号の表紙は、子どもたちも大好きなダンゴムシ! ころんと丸まった姿がかわいらしいですね。ページを開くと、そんなダンゴムシのことや、イチゴを取り上げた食育コーナーなど、子どもたちの好奇心をくすぐる内容がもりだくさん! 全コーナー、親しみやすい簡単な英語でお届けします。

観察

子どもたちの身近な生き物や自然の事柄を英語で親しむコーナーです。みなさんは、ダンゴムシって英語で何というか知っていますか? 親子でその答えを確かめたり、またダンゴムシの脚の数を英語でかぞえたりして遊んでみてください。

会話

毎月、簡単な英語のやりとりが楽しめるコーナーです。ちょっとドジな宇宙人モッティーとそうた君のやりとりをまねて、会話遊びを楽しんでみましょう。

「えいごのおうち」について

「キンダーすまいるえいご」の手引書「えいごのおうち」

キンダーすまいるえいごのおすすめポイントや使い方、各コーナーの年間ラインナップ、親子で英語を楽しむためのヒントなどが掲載されています。ぜひご一読ください。

監修者の紹介

無藤 隆 先生

白梅学園大学大学院 特任教授
元お茶の水女子大学付属小学校校長
キンダーブック編集委員

幼児が英語を学ぶためには3つのことが大切です。親しみの持てる内容で何度も読めて楽しいこと。言葉の意味が直感的に把握できること。提供される英語の発音をまねできること。そのため「キンダーブック」の豊富な教材を活用し、面白いお話を楽しみながら、英語の専門家によるカリキュラム とネイティブの発音で学ぶことを可能にしたのです。

吉田 研作 先生

上智大学言語教育研究センター長
特定非営利活動法人
小学校英語指導者認定協議会会長

本書は英語絵本ですが、「英語学習」ではなく、子どもが自然に親しむことを目的としています。ゆえに、英語はできる限りシンプルにし、子どもが理解しやすい動作言葉を意識して入れるなどの工夫をしました。内容も、子どもの興味・関心を惹くものであるよう心がけています。無理に学ぼうとするのではなく、楽しく英語に触れてもらえればと思います。