TOP > 企業情報 > 会社概要

企業情報

会社概要

  • 企業理念
  • 経営信条
  • 行動方針
  • 販売機構

行動方針

 
 

第1章 基本原則

第1章では、フレーベル館行動指針の基本原則を定めています。この基本原則は、フレーベル館で働く者全員が、企業人として行動する際の判断の拠り所を示したものです。私たちは、事業活動はもとより私生活においても、常にこの原則に立ちかえり行動します。

1.基本的人権を尊重する

私たちは、人間尊重の考え方を基本として、一人ひとりの個性や能力が最大限に発揮されるよう行動します。私たちは、基本的人権を尊重し、あらゆる場面において個人の尊厳を守り、いかなる差別行為も行いません。

2.高い倫理観をもち、良識ある社会人として行動する

私たちは、事業活動が社会に与える影響を十分に考慮し、社会から信頼され尊敬されるよう、常に高い倫理観をもって行動します。たとえ法的な問題が生じない場合であっても、フレーベル館ブランドを傷つけるような言動や、社会の秩序や常識に反する行為を行うことはもちろん、それらを支援することもしません。
私たちは、一人ひとりの日頃の行いの積み重ねによって、会社の信頼が築き上げられていることを十分に認識し、私生活においても、品格と節度を持って行動します。

3.法令および社内規程を遵守し、公正に業務を遂行する

私たちは、事業活動に適用される国内外の法令、条例、政府通達、運用基準、業界基準等の社会のルールを遵守して行動します。さらに業務の遂行にあたっては、該当する社内規程に則って行動します。こうしたルールの遵守は、社会の最低限の基本であり、全員が必ず守るとともに、公正な商慣習を尊重した業務を行います。

4.反社会的勢力との一切の関係を遮断する

私たちは、社会の秩序や安全に脅威を及ぼす全ての反社会的勢力とは、事業活動のあらゆる局面において一切の関係をもちません。また、そうした反社会的勢力からの不当要求に対しては、関係団体と連携し毅然とした態度で対処します。

5.品質の向上に努め、お客さまの満足に資する作品を提供する

私たちは、お客さまに提供する製品やサービスを作品と捉え、編集・開発や品質管理にかかわる部門だけでなく、全ての従業員を含めた会社全体で取り組む総合品質保証の考え方に基づいて、安全性の確保と品質の向上に努めます。そして、子どもが心身ともに健全に成長していける社会の実現を目指します。
その上で、私たちは、お客さまの満足を第一に考えて行動し、お客さまとの強い信頼関係を築きます。

6.事業に関わる情報の重要性を認識し、適切に管理する

私たちは、お客さまに関わる情報や秘密情報、個人情報などをはじめとした事業に関わる情報全般について、その重要性を十分に認識し、漏えいや紛失などの事故を起さないよう、ルールに則って適切に管理します。

7.地球環境の保全に積極的に取り組む

私たちは、事業活動において自然から与えられたかけがえのない環境を守り、限りある資源を有効に活用します。
 また、私たちは、環境に配慮した事業活動に取り組み、地球環境の再生・維持・向上に貢献します。

8.変化を捉え、新たな可能性に挑戦する

私たちは、経営環境や市場の変化を的確に見極め、時代を先取りした企画・開発をもとに、新たな可能性に挑戦します。そして、新たな需要を創造するとともに、フレーベル館が未来に向かって企業価値を高め、持続的に成長できるよう貢献します。

9.社会貢献活動や適切な情報開示を通じて、社会からの信頼を醸成する

私たちは、より良い社会の実現に向けて、経営資源や強みを活かした社会貢献活動に取り組みます。また、広く社会が求める情報を、適時・適切に開示します。
私たちは、子どもたちの健やかな育ちを支える仕事に従事している誇りと責任を持って行動し、社会からの信頼を醸成します。

10.個々の力を結集し、トッパングループ総合力を最大限に発揮する

私たちは、自己の能力を高める努力を行うと共に、その能力を十分に発揮できる職場環境作りに努めます。そして、一人ひとりの力を結集して企業の力とし、更にトッパングループ各社との相互連携を強化することで、グループ総合力を最大限に発揮します。

第2章 具体的な行動指針

第2章では、第1章の基本原則に基づいて、私たちが取るべき具体的な行動のあり方を定めています。これらは当社の「経営信条」の各項目に対応しています。

第1節 お客さまとの信頼を築くために
私たちは誠実に熱意をもち知恵を傾けて
お客さまの信頼に応えます

1.お客さまのために最善を尽くし、信頼関係を築く
2.お客さまに子どもへの真摯な思いを伝える
3.全ての業務において、品質向上に努める
4.製品やサービスの安全・安心を十分に確保する
5.お客さまからお預かりした資産を適切に管理する
6.お客さまに関わる情報を守る
7.会社の秘密情報を守る
8.個人情報を適切に取り扱う
9.情報や記録の適切な管理に努める

第2節 事業の刷新を図るために
私たちは子どもたちの健やかな育ちを支援する
安全で信頼性の高い価値ある製品とサービスによって
事業の刷新に努めます

1.子育て支援事業を推進する
2.お客さまに、変化を捉えた提案を行う
3.お客さまのニーズに応える製品開発とサービスの提供を促進する
4.問題意識をもって、現状の改善に努める
5.自らの知識、技能、技術の向上に努める
6.自らの職務を誠実に全うする
7.知的財産を確保し、活用する
8.他人の権利、利益を尊重する

第3節 社会的責任を果たすために
私たちは社会的責任を認識し
地球環境との調和を目指すとともに
公正で開かれた企業活動を行います

1.談合やカルテルをしない
2.協力会社に対する不正行為をしない
3.競争会社に対する不正行為をしない
4.架空取引をしない
5.ビジネスパートナーの立場を尊重し、取引先と適正な関係を構築する
6.私的な便益やリベートの受領や提供をしない
7.贈賄や不適切な接待をしない
8.違法な政治献金や寄付をしない
9.反社会的勢力とは、一切の取引を行わない
10.反社会的行為に加担しない 
11.違法な利益供与をしない
12.インサイダー取引をしない
13.不正な輸出入取引をしない
14.児童労働や強制労働をしない
15.海外事業において国際ルールや現地の法令に違反しない
16.事業活動における環境負荷の低減に努める
17.環境に配慮した事業を推進する
18.会社の社会貢献活動や地域貢献活動に積極的に参加する
19.技能や文化の発展、伝承に貢献する
20.適切な情報開示を行い、事業活動の透明性を高める

第4節 働きがいのある企業風土を実現するために
私たちは一人ひとりの能力とチームワークを最大限に活かし
働きがいのある企業風土をつくります

1.明るく、活気のある職場づくりに努める
2.安全で清潔な職場づくりに努める
3.社内のルールを守る
4.会社の資産を適切に管理・使用する
5.会社との利害が衝突する行為をしない
6.個人の多様な価値観を認め、人格と個性を尊重する 
7.いかなる差別行為も行わない
8.セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントをしない
9.職場の秩序を守る
10.インターネットを不正に利用しない
11.フレーベル館の一員として、誇りをもって行動をする
12.迅速で適切な報告を行う
13.違法な行為やルール違反を黙認しない
14.適正な手続きを経た問題提起者に不利益を与えない
15.海外の文化や習慣を尊重する
16.他人の迷惑となる行為をしない
17.飲酒運転をしない
18.違法な薬物を所持・使用しない
19.賭博行為をしない

第5節 フレーベル館の発展のために
私たちは新たな可能性を拓くことにより
企業の価値を高め
フレーベル館の永続的な発展を図ります

1.フレーベル館ブランドに誇りをもつ
2.フレーベル館ブランドの醸成に努める
3.グループ会社が相互に協力し合い、総合力を最大限に発揮する

平成18年9月22日制定
平成23年4月1日改定